福岡天神 オールドヴィンテージワイン会【福岡15会】

【初心者・お一人さま歓迎】「今まで経験したことのないワインの楽しみ方!」とお喜びの声を頂く、歴史ある上質の一本をじっくり味わい愉しむワイン会です。

【私の人生を変えた一本のワインNo.8】シャトー・ラフィット・ロートシルト1874

f:id:expc_fukuoka:20190704230023p:plain

【シャトー・ラフィット・ロートシルト1976】

私の人生を変えた一本のワイン

あなたには「人生を変えた一本のワイン」がありますか?大切な人と一緒に記念日に飲むワイン、尊敬する人に薦められたワインなど、あなたにとって特別なワインは何か?

ではなく、、、本当にそのワインがきっかけで人生を変えたワインをインタビューしてご紹介するシリーズ。それぞれの「人生を変えた一本のワイン」をご紹介していきます。

 

本日インタビューしたのは、この方

高橋康代さん

東京都港区南青山の矯正歯科(顎関節症・噛み合わせ) 青山高橋矯正歯科医院 院長

 

①高橋さんの人生を変えた一本のワインは、何ですか?

f:id:expc_fukuoka:20190624092705j:plain

ウルトラワイン会

EXPLORERS CLUB 主催のウルトラワイン会で飲んだ『シャトー・ラフィット・ロートシルト1874 』144年前のワインです。

※シャトー・ラフィット・ロートシルトとは?

シャトー・ラフィット・ロートシルト(Château Lafite-Rothschild)は、ボルドー5大シャトー筆頭で、5大シャトーのなかで最も繊細なエレガンスを極めた「王のワイン」と言われる。まぎれもなく世界最高峰の赤ワイン。

※1874年(明治7年)の出来事

明治維新直後の日本。世界では、ドイツが統一され、ドイツ・オーストリア・ロシアの三国による対フランス同盟「三帝同盟」が締結された時代。

 

②そのワインをどう愉しまれたのですか?

f:id:expc_fukuoka:20190624091953j:plain

シャトー・ラフィット・ロートシルト1874

初めて出席したEXPLORERS CLUB 主催のウルトラワイン会で『シャトー・ラフィット・ロートシルト1874 』に出会いました。そのワイン会では、三本のロートシルトと出会いました。

  • 1958 Château Lafite-Rothschild(シャトー・ラフィット・ロートシルト)60年前
  • 1938 Château Lafite-Rothschild(シャトー・ラフィット・ロートシルト)80年前
  • 1874 Château Lafite-Rothschild(シャトー・ラフィット・ロートシルト)144年前

 普通、ここまでのワインに出会えないですよね。もし奇跡的に出会えたとしても、傷んでいたり、飲めなかったりしては意味がありません。そのワインが生きているのか?というのが重要です。1874年のロートシルトは、1873年に始まった世界的な大不況や、1914年から始まった世界大戦の中を生き抜いてきたんです。そして、ただ生き抜いてきただけでなく、しっかり熟成して過去最高の状態で、この日を迎えているのです。もう奇跡ですよね。

最初に1958年のロートシルト。次に1938年のロートシルト。最後に1874年のロートシルト。という年代の若い順番で飲んだのですが、圧倒的に一番古い1874年のロートシルトが感動するほど美味しかったんです。144年も経っているワインだと酸味が強かったりするのかと思ってたのですが、、、。

「それが歳を重ねるということ」なんだと、EXPLORERS CLUB ファウンダーのKATO氏に教えて頂きました。歳を重ねていくというのはお金では買えないものですし、歳を重ねた人の美しさや生き方がすごく価値があるということを学びました。このワイン会で、ロートシルトというワインと出会い、自分の人生観が変わりました。明らかに人生が豊かになりました。

そして、144年前のロートシルトですから、空気に触れると劣化が早いのが古酒の特徴です。一気に味や香りが落ちてしまいます。ワインがサーブされたら、すぐに飲まないと最高に美味しい瞬間を逃してしまいます。私はロートシルトを飲んで、たったこの数分間の最も美味しい時間のために情熱を注いだ、当時のワインの造り手の命や息吹を感じました。言葉で説明するのは難しいですが、時空を超えた感覚です。そして、その価値を理解できる人たちと愉しめる空間が、すごく美しかったです。

 

ロートシルト1874から得た大きな気付き

f:id:expc_fukuoka:20190624093414j:plain

ウルトラワイン会

ウルトラワイン会では、自分が想像もできなかったような出会いがありました。そして、出会うだけではなく、それに相応しい自分にならなければいけない。ということに気付かされました。「シャトー・ラフィット・ロートシルト1874」を飲んだ人間として、これからどう生きなければならないか?ということを。

だからこそ、美しい毎日を過ごすべきです。”美しさ”というのは、毎日自分の決めたことを自分を律して行うことで初めて見えてくるもの。積み重ねが大事というのは、オールドヴィンテージワインを通して教えてもらえたことです。

そして、「相手の価値を最大化させる」という生き方。この「シャトー・ラフィット・ロートシルト1874」は、ワインとして生まれ144年の時を待って、この日ようやく飲まれました。この日の参加者全員が、この144歳の「シャトー・ラフィット・ロートシルト1874」に相応しい人間にならねばと、飲むまでの短時間で一気に成長させられたのです。これこそが、「相手の価値を最大化させる」という生き方そのものではないでしょうか?

ワイン会が終わって、今、あの時間の崇高さや貴重さというものを感じています。だからこそ、私は今「シャトー・ラフィット・ロートシルト1874」と愉しんだ自分として生きていきます。

 

③それまでの高橋さんにとってワインとは?

嗜好品です。ワインは、今までの人生の中では、そんなに近い存在のものではなく、結婚式に出席したり、フランス料理を食べる時に飲んでいましたが、そんなに興味もありませんでした。そのときもソムリエが進めてくれるワインを頂く程度でした。なぜワインを飲まなければいけないのか?というのが、正直、わかっていませんでした。

 

④今の高橋さんにとってワインとは?

f:id:expc_fukuoka:20190703162459j:plain

シャトー・ラフィット・ロートシルト1874

人生を愉しむためのツールであって、仲間と愉しむものです。一人で飲むものではありません。一本の素敵なワインを10人で飲めば10人の人生が豊かになる。ワインにはそんな力が宿っています。それは、人生を愉しむと覚悟を決めた人たちと一緒に飲むに限りますが。

 私は、ワインも人も同じだと思っています。

  • あなたはどんな親に育てられたのですか?
  • どこ出身なのですか?
  • 今、どんなふうに過ごしているんですか?
  • どんな生き方をしているんですか?

そんなことをワインに語りかけながら、もっとワインと会話できるようになったら素敵ですよね。

人生とは「美しい景色をどれだけ自分の目で見たか?」です。「シャトー・ラフィット・ロートシルト1874」を飲んだ人間として、どう生きるか?どれだけの美しい景色を見るか?それに相応しい人にならなければなりません。だからこそオールドヴィンテージワインは、人生を愉しむと覚悟を決めた人たちと一緒に飲むに限ります。

 

ロートシルトを異性に例えると?

だからこそ私からすると、「シャトー・ラフィット・ロートシルト1874」は、すごい素敵な女性でイメージでは、イギリス連邦王国女王「エリザベス女王(Elizabeth II)」のような存在です。自分の生き方をしっかり決めて、その覚悟を持って生きなさいと伝えてくれた。私が飲むべきワインだったと思います。だからこそ、もっとステキに歳を重ねていきます。

 

⑥これからワインを愉しむ人に向けて一言

ワインは本当に素敵な飲み物です。私からお伝えしたいことはたくさんありますが、「ワインのある人生を愉しみませんか?」ということをお伝えしたいです。そして、一人で愉しむのではなく、一本のオールドヴィンテージワインを仲間と。一人では飲めないワインを一緒に飲もう!こんなワインがあるんだ!?というのを知ってみませんか?

例えば、大好きなハリウッド映画に出てた憧れの女優さんが飲んでたワインを飲むとか。決してワインは小難しい飲み物ではなく、誰でも気軽に愉しめるものです。

「こんな素敵なワインを飲む人生って憧れませんか?」私の憧れのワインを飲むという経験をする。それが大事なことだと思います。だからこそ、まず超一流のワインから知ることが重要だと思います。

f:id:expc_fukuoka:20190705084840j:plain

EXPLORERS CLUB ファウンダーKATO氏と共に

 

★★★【オールドヴィンテージワインを愉しみたい方は、こちら】

↓  ↓  ↓