福岡天神 オールドヴィンテージワイン会【福岡15会】

【初心者・お一人さま歓迎】「今まで経験したことのないワインの楽しみ方!」とお喜びの声を頂く、歴史ある上質の一本をじっくり味わい愉しむワイン会です。

【私の人生を変えた一本のワインNo.24】カロン・セギュール1966

f:id:expc_fukuoka:20190828075742p:plain

カロン・セギュール1966】

私の人生を変えた一本のワイン

あなたには「人生を変えた一本のワイン」がありますか?大切な人と一緒に記念日に飲むワイン、尊敬する人に薦められたワインなど、あなたにとって特別なワインは何か?

ではなく、、、本当にそのワインがきっかけで人生を変えたワインをインタビューしてご紹介するシリーズ。それぞれの「人生を変えた一本のワイン」をご紹介していきます。

 

本日インタビューしたのは、この方

なかむら さゆり さん(ファッションカウンセラー)

一年半で「整形でもしたの?」と思われるほど劇的な変化を実現。人生をもっと豊かに愉しみ尽くすことにチャレンジする女性として、平和を祈願しヒストリックカーで走る『Peace Rally Japan』のピースラリーに参加。また、モナコ公国に本部がある慈善団体『アミチエ ソン フロンティエール』モナコ公国でのパーティーへ出席するなど、チャレンジを続けている。

 

①なかむらさんの人生を変えた一本のワインは、何ですか? 

f:id:expc_fukuoka:20190716173911j:plain

カロン・セギュール1966

2018年の3月に、EXPLORERS CLUB 主催のワイン会で飲んだ『カロン・セギュール1966』53年前のワインです。

カロン・セギュールとは?

「サン・テステフのシャトー・マルゴー」と例えられ、常に格付け以上の人気を誇る実力派シャトー。18世紀に、当時カロン・セギュールと共に、ラフィットやラトゥールを所有していたニコラ=アレクサンドル・ド・セギュール侯爵が「われラフィットをつくりしが、わが心カロンにあり」と、その思いをハートのラベルに込めたことはあまりにも有名。

※1966年(昭和41年)の出来事

日本の内閣総理大臣は、自由民主党佐藤栄作氏。この年、日本の総人口が1億突破。東京の日本武道館にてビートルズ来日公演が開催された。そして日本でメートル法が完全施行された年である。

 

②なぜ、人生を変えた一本のワインに選んだのでしょうか?

f:id:expc_fukuoka:20190716181001j:plain

カロン・セギュール1966

それまでワインというものに触れる機会が無かったんですけど、初めて EXPLORERS CLUB のワイン会に参加して、こんなヴィンテージワインというものがあることを知ったのが初めてでした。そして、そのワイン一本を通して歴史だったりとか作り手だったりとか栓を抜いたりとか、こんなに愉しむことができるんだというのを知って、衝撃を受けました。

ワインって奥の深いものなんだということに初めて出会えた。自分の世界オールドヴィンテージワインというものを通して、そこから世界を広げた一本のワインでした。

 

③自分の世界が広がったというのはどういう意味ですか?

抜栓に20分かかるのを、この目で見たのが初めてでしたし、汗かきながら一生懸命に抜栓する姿であったり、わざわざグラスまで用意されたり、皆さんが装いをドレスアップされたり、ワインの表現方法もご自身の経験と絡めてワインを表現されたり、本当に愉しまれてる人生を過ごしてる方達だということをワイン会を通して出会えました。

 

④抜栓はどんな感じでしたか?

f:id:expc_fukuoka:20190704104803j:plain

カロン・セギュール 抜栓

本当に汗をかきながら、1ミリ1ミリじっくり開けていく姿に、ワインと向き合ってるような、ワインに戦いを挑んでるような、それでいて分かち合っているような、そういった姿を目の当たりにしました。何も考えないでポンッと開けてるような感覚ではなくて、1秒1秒対話しているというのを緊迫しながら横で見ていました。

ワインの抜栓だけなのに「目の前で起こってる、この衝撃的なことは何だ?」という驚き。そして、なぜか感動。その1秒1秒に私も言葉が出ないくらいドキドキしながら見てました。

 

⑤一口目を飲んだ時の印象は?

今まで、ワインの何杯目に味が変わるなんて自分の概念が無かったんですが、ボトルの上と下の方もテイスティングさせてもらったら全然味が違うんです。味の深みというか香りも、もっと濃い香りがしたし、空気を含んで時間が経つとまた味も変わっていくし、それを経験したことが無かったので、ワインってこんなに状態も変わるし、入れた順番でさえこんなに変わるのっていう驚きを感じました。

ワインって、それまでは良いのとか飲んだことがなかったので、香りがすごいとかも感じたことがなく、口に含んだ時の広がり具合が経験したことがないような、ワインって美味しいんだと初めて純粋に思ったんです。それを伝えれる表現力を身に付けたいと思うようになりました。

 

カロン・セギュールがきっかけで、人生どのように変わりましたか?

f:id:expc_fukuoka:20190828080733j:plain

人生を愉しむ!モナコ公国のパーティーが日常に

このワイン会をきっかけに、人生をもっと愉しもうとする仲間ができました。あきらかに付き合う人が変わりました。そのワインとかも愉しめるような方と一緒に、カロン・セギュールと聞いて、ある方は「普通のワインです」という言葉だけで終わかもしれない。でも、それが別の人だったら何時間でも語れるぐらいの人もいる。それって、その人の人生の深み・経験・想い、その一本のワインに対しての生き方が全然違うんだというのを目の当たりにしたワイン会であり、自分が薄っぺらい生き方をしてたんだと気づきました。

 

⑦これまでの、なかむらさんにとってワインとは?

ワインもそうですし、アルコール全般的に、ただただその場を楽しく、酔っ払うためのものでした。それぐらいの関わり方しかしてなかったです。

 

⑧今の、なかむらさんにとって、ワインとは?

f:id:expc_fukuoka:20190715062456j:plain

カロン・セギュール

ワインというものの奥深さに出会えました。奥が深くて、探究心だったり、もっともっと知りたいと思うものです。もっともっと知りたいし、一本のワインでいろんな表現ができたり、深い人生をワインを通して伝えられるようになりたいです。「もっと素敵な女性になれよ!」っていう高い目標を掲げてくれる存在になりました。

 

⑨これからワインを愉しむ方に一言

まずはワインを愛している人や愉しんでいる人と出会って欲しいです。そこで実際に目に触れたり、話を聞くと全然世界が広がりますし、ワインというものを心底愉しめるようになるので、そういう人たちと出会って頂きたいです。私が出会った時は、ワインのことを何も分からずにいましたが、ワインに出逢えて自分も変わりたいと思ったきっかけなので、まずは足を運んでそういう人たちと出会って頂きたいです。

f:id:expc_fukuoka:20190828082006j:plain

オールドヴィンテージワインを愉しんでください!

 

★★★【オールドヴィンテージワインを愉しみたい方は、こちら】

↓  ↓  ↓