福岡天神 オールドヴィンテージワイン会【福岡15会】

【初心者・お一人さま歓迎】「今まで経験したことのないワインの楽しみ方!」とお喜びの声を頂く、歴史ある上質の一本をじっくり味わい愉しむワイン会です。

皇位継承式典「即位の礼」饗宴の儀に出たワインは何か?

f:id:expc_fukuoka:20191105202439j:plain

「饗宴の儀」産経ニュースより引用

皇位継承式典「即位の礼

天皇陛下の御即位を広く披露するための「即位の礼」が、10月22日(火)から、国の儀式として行われました。(動画は時事通信映像センター)

(動画はTHE PAGE(ザ・ページ)より)

 

即位礼正殿の儀(そくいれいせいでんのぎ)

即位の礼」また「即位礼」は、日本の天皇践祚後、皇位を継承したことを国の内外に示す一連の国事行為たる儀式で、最高の皇室儀礼です。

  1. 剣璽等承継の儀皇位継承があった当日に行われる儀式。新天皇や男性皇族が宮殿正殿・松の間に入り、新帝の前に置かれた案(机)に三種の神器のうちの剣璽と御璽、国璽が安置され、新帝が剣璽に挟まれて退出する。明治憲法下での剣璽渡御の儀にあたる。
  2. 【即位後朝見の儀皇位継承当日か、後日行われる儀式。天皇が即位後初めて三権の長をはじめとする国民の代表者と会う。正殿松の間に天皇・皇后や皇族が入場し、天皇の「おことば」の後、内閣総理大臣の式辞がある。これは明治憲法下の践祚朝見の儀に相当する
  3. 【即位礼正殿の儀】天皇が即位を国の内外に宣明する、いわば即位の礼の中心といえる儀式で、戴冠式即位式に相当し、各国の元首・首脳らや国内の代表が参列する。皇位継承当日とは日を隔て行われる。宮殿正殿の松の間に高御座、御帳台が設置されて、それぞれ「御装束」に身を包んだ天皇・皇后が登り、諸皇族、三権の長が左右に控える。天皇の「おことば」があり、内閣総理大臣が祝辞である「寿詞」を読み上げ、万歳を三唱して参列者一同がこれを唱和する。
  4. 【祝賀御列の儀】:即位礼正殿の儀終了後、天皇・皇后が皇居宮殿から赤坂御用地にある赤坂御所まで御料車でパレードする儀式。
  5. 【饗宴の儀】:即位礼正殿の儀に参列した内外の賓客に対し、謝意を表してもてなすための宮中晩餐会。即位礼正殿の儀当日に始まり、宮殿豊明殿や長和殿にて数回開催される。(※Wikipediaより引用)

 

「饗宴の儀」外国元首らおもてなし

天皇陛下のご即位を祝い、10/22(火)の夜から皇居・宮殿で始まった祝宴「饗宴の儀」。10/31まで4回に分けて開催されました。「即位の礼」の中心儀式である「即位礼正殿の儀」の参列者らを招待。天皇、皇后両陛下と秋篠宮ご夫妻をはじめとする皇族方が臨席し「饗宴の儀」では食事をともにされました。

まず初日の夜。えんび服姿の陛下、そしてロングドレスの皇后さまが「竹の間」で参列者とあいさつを交わされ、宴会場の「豊明殿」へ。

シャンデリアが輝く会場で、陛下は隣のブルネイのボルキア国王と、皇后さまはスウェーデンのカール16世グスタフ国王と和やかにご歓談。祝宴は遅くまで続きました。

 

「饗宴の儀」の晩餐会のメニューは?

f:id:expc_fukuoka:20191105230510p:plain

(写真は宮内庁より提供)
  • 【前菜】:かすご鯛姿焼、海老鉄扇、鮑塩蒸、百合根、鴨錦焼、黄柚子釜、篠鮟肝、栗、胡瓜
  • 【酢の物】:魚介酢漬(スモークサーモン、帆立貝、鮃、公魚(わかさぎ))
  • 【焼物】:牛肉アスパラガス巻、ブロッコリー、生椎茸、小玉葱、小トマト
  • 【温物】:茶碗蒸(鱶鰭、舞茸、三つ葉
  • 【揚物】:三色揚(蟹、鱚、若鶏) 紅葉麩、慈姑、銀杏、松葉そば
  • 【加薬飯】:鯛曽保呂、筍、椎茸、干瓢、錦糸玉子、紅生姜
  • 【吸い物】:伊勢海老葛打、松茸、つる菜
  • 【果物】:メロン、苺、パパイヤ
  • 【菓子】:和菓子2種
  • 【飲み物】:日本酒、ワイン(白=コルトン・シャルルマーニュ2011、赤=シャトー・マルゴー2007)、ミネラルウオーター、日本茶、フレッシュオレンジジュース

飲み物のフランスワインは、白の〈コルトン・シャルルマーニュ〉はフランス・ブルゴーニュ地方の最高級、赤の〈シャトー・マルゴー)も仏ボルドー地方の最高級。

 

晩餐会で出されたシャトー・マルゴーとは?

シャトー・マルゴー(Château Margaux)」とは、フランス南西部のボルドー地方メドック地区マルゴーにあるシャトー・マルゴーが製造する赤ワイン。

第1級に格付けされるボルドー五大シャトーの一つで、「グラン・ヴァン(偉大なワイン)」と評される、最高級ワインの一つ。このワインはフランスを代表する高級ワインの一つとして知られ、力強さと優美さを兼ね備えた「ワインの女王」といわれるエレガントで女性的なワインと評される。

 

ここで質問ですが、、、あなたは、死んでしまいそうになるぐらい美味しいワインと出会ったことがあるでしょうか?それは、安い割に美味しいワイン!などではなく、価格も高いけれども、人生観が変わるほどの衝撃的なワインのことです。

このシャトー・マルゴーを飲んで人生を変えた人のインタビューをご覧ください。

 

そのインタビューは、こちら↓ ↓ ↓